ニュース

過去6ヶ月間のバンクーバー・ウェストサイドの一戸建ては70%中国人によって購入?

バンクーバー有数の一等地、バンクーバー・ウェストサイドの一戸建て物件の実に70%以上が中国マネーによって購入されたとのリポートです。

これらの事実は今に始まった事ではなく、ウェストサイドのオープンハウスは95%が中国系の富裕層で、公立の学校などもクラスの大半をそれら中国系子女でいっぱいです。3ミリオン以上する一戸建ての所有者が、無職の主婦であったり、学生だったりする事に政府は不法送金、キャピタルゲイン税の脱税スキーム、またまた資金洗浄の疑いを強くしています。

今後これら海外からの不動産購入者に何かしらの影響が出てくるのではないかと予想されます。投資や別荘のご購入をご検討の皆様には重要な情報ですので注視が必要です。

このNewsについての詳しい情報はこちらの不動産Newsサイト(Real Estate Wealth)から

V1100831_101_12V1100831_201_19V1100831_301_20V1100831_601_18

フレッド吉村について

ブログ

お問い合わせフォーム

最新情報を配信しております。

「フレッド吉村」公式チャンネル
ページ上部へ戻る