ニュース

フレーザーバレーやサレーの一戸建てが注目されています。

バンクーバー市を始め、グレーターバンクーバーの一戸建て住宅は今年に入り更に価格が上昇しています(昨年比10%~12%アップ)。これは市場に売りに出ているリスティング件数自体が少なく、需要が集中し競合入札(マルティプルオファー)が頻発している事が原因と考えられます。バンクーバー市の一戸建て平均価格が1ミリオンを突破している現在、多くのローカルバイヤーに注目されているのがフレーザーバレーなど郊外型の一戸建て住宅です。価格もまだまだ50万ドル台からあり、70万ドル前後でかなり理想のファミリホームの購入が可能です。通勤時間が長くなる点は歪めませんが、バスやスカイトレインを上手に使うと、ダウンタウンバンクーバーまででも約1時間程度ですから、北米の大都市の通勤事情と比べても充分許容の範囲と考えられます。一戸建ての価格が上がったというニュースで購入を諦めている方、一度実際に物件をご覧頂ければかなり印象が変わると思います。一見の価値有り。是非お試しを!

vancouver%20homes

House prices in Vancouver have increased again with the average cost of a detached house rising 12.5 per cent in April to $1.08 million and the benchmark for a typical home now at $673,000. The Real Estate Board of Greater Vancouver said Monday that a low level of listings has pushed prices higher; sales were up 37 per cent from April last year. There are currently 12,436 listings on the MLS for Greater Vancouver, that’s 0.5 per cent lower than March and 19.8 per cent lower than April last year; new listings are 0.9 per cent lower than last year.
The rising costs are also spreading to previously ignored parts of the city leading to bidding wars. Even properties that are in need of renovation are exceeding their expected sales price.Those looking for bargains are being forced to look further out of the city with Fraser Valley and Surrey among the suburbs getting increased attention.

フレッド吉村について

ブログ

お問い合わせフォーム

最新情報を配信しております。

「フレッド吉村」公式チャンネル
ページ上部へ戻る