ニュース

モーゲージ審査の基準がさらに引き締められる可能性があります。

V1124527_A01_94

住宅ローンの歴史的低金利が続き、郊外型の不動産市場はファーストタイムバイヤーで活況となっておりますが、過剰なヒートアップを抑制する意味で、政府では新たなモーゲージ審査基準の引き締めを検討しているようです。引き締めの内容はまだ発表されていませんが、現在25年となっている完済期間を20年程度に短縮したり、モーゲージ保険への加入基準やレートの調整などが考えられます。既に数年前から自営業などを対象とした貸し出し基準が厳しくなったり、非居住者への審査基準も変更になってきています。新基準になると一般的に借り入れ金額の限度額上限が下がりますので、近々マイホームのご購入をご検討されている方は規制が厳しくなる前にご購入をお勧め致します。

It could get tougher for homebuyers to get a mortgage if the federal government opts to curb the housing market. The Financial Post reports that Ottawa is undertaking consultations to ascertain whether it should impose new rules to take the heat out of the market. Options being considered include raising the minimum downpayment and imposing specific conditions for high-value housing. The Department of Finance denies considering changes to downpayment requirements. The article suggests that tougher mortgage lending restrictions such as a 20-year maximum amortization or tweaks to mortgage insurance are also being considered.

sales person

フレッド吉村について

ブログ

お問い合わせフォーム

最新情報を配信しております。

「フレッド吉村」公式チャンネル
ページ上部へ戻る