ニュース

CHMCの住宅市場のアセスメントで、バンクーバーの市場リスクは少ないとの見解

vancouver-downtown-and-west-side

CMHCの住宅不動産市場のアセスメントにおいて、全国15の主要都市中、トロント、ウニペグ、サスカトゥーン、レジャイナの4都市の不動産は、価格の上昇に対しての経済的、地理的な要因に乏しく、不動産価値が過大評価されているとの見解です。15都市中11都市では、同様に過大評価の懸念が出ていますが、その中でもグレーターバンクーバーの不動産市場に対するリスクは低いと評価されています。

引き続く移民流入による人口増加に対して、地理的に新規宅地が少ないなどの要因が大きな裏付けになっているのではと思われます。

英語記事元(不動産Newsサイト:Real Estate Professional)へはこちらから

sales person

フレッド吉村について

ブログ

お問い合わせフォーム

最新情報を配信しております。

「フレッド吉村」公式チャンネル
ページ上部へ戻る